目標は「近所のにいちゃん」です。理想のリーダー像ってなんだろう? 30代のエンジニアが導き出した答えとは

メンバーの性格は百人十色。どのようにすればメンバーが成長するのか、試行錯誤しているリーダーも多いかと思います。そこで、今回はエンジニア歴12年で、これまで数々のチームを率いてきたご経験のある東條さんに、これまでのリーダーとしての失敗経験や、…

「リーダーあるある笑 -エンジニアな日常」vol.1 ショートカット技披露したがるヤツ

毎日忙しく働いているエンジニアリーダーのみなさんへ。日常の"あるある"をコメディタッチに描いた「リーダーあるある笑 -エンジニアな日常」の連載をスタートしました。ちょっとした息抜きとしてお楽しみください。

リーダーならその技術の先にある未来を語れ! 「あのカラフルなリングが意味するものは?」いまさら聞けない「SDGs」

最近よく耳にするSDGsですが、ちゃんと説明することができますか?近年の災害の多さは、地球の気候変動の影響ともいわれています。経済優先の企業活動の在り方そのものが、今全世界で問われています。二律背反ともいえるこうした状況を、果たして最新テクノ…

AR/VRがもたらす未来って? エンジニアリーダーとしてどのように向き合うべきか、 その驚異的な「効果」について

私たちはこれからも、新しい価値観・新しい生活様式を取り入れ、新型コロナウィルスと共存していかなくてはなりません。そのような動きが始まりつつある中で、いちはやく「AR/VR技術」が各業界で大きな注目を浴びています。

若手リーダー必見!「IT革命」と共に生まれた新入社員 エスユーエス新入社員白書2020

2020年、新入社員としてスタートを切った彼らはいったい何を大切にし、どう育てれば伸びていくのでしょう。エスユーエス2020年新入社員210名(有効回答数95)を対象に行ったアンケートから読み解きます。若いメンバーを束ねる30代のリーダー必見の内容です。

在宅勤務で「コロナ離婚」は本当なのか? リーダーのあなたに始まる『ニューノーマル』とは。

コロナウイルスの感染拡大防止のため、一気に進んだ在宅勤務。しかし、そこには「コロナ離婚」という家庭の危機が潜んでいた?新しく到来する『ニューノーマル』をリーダーのあなたはどう受け入れますか?

変化の激しいAI時代。あなたは必要とされる人材ですか?

現在、第三次AIブームが到来しています。ディープラーニングの登場による技術の進化は凄まじく、私たちの日常にも多く活用されるようになってきました。AIの発展は、私たちの暮らしや仕事に大きな進化をもたらすでしょう。そんな未来を実現していくために、…

「Uber Eats」は最新テクノロジーの象徴。激動の時代におけるエンジニアの在り方とは

新型コロナウィルスの感染拡大によって、仕事への取り組み方、休日の過ごし方などライフスタイルが変化しています。そんな人々の変化に応じて、世界中のエンジニアたちが我先にと技術開発に挑んでいるのはご存じでしょうか。

ホントにZoomが良いの?リーダーエンジニア必見、Web会議で自分とチームが成長する!

新型コロナ感染予防対策で一気に広まるテレワーク。在宅勤務において今や欠かせないのがWeb会議システムです。今回の「ニュースreview」では、この「Web会議」について考えてみます。

エンジニアなら知っておきたい「Society5.0」!来るべき超スマート社会。

「Society5.0」とは、「サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させたシステムにより、経済的発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」。2016年に内閣府の科学技術政策として提唱された未来社会像です。狩猟社会(Society1.0)、農…

「令和初」の新入社員は『Z世代』?!これから必要とされるリーダーシップとは?

『令和』初の新卒新入社員は、生粋のデジタルネイティブである「Z世代」です。これまでと違う新しい価値観を持つ彼らをどのようなリーダーシップでまとめていくべきなのでしょうか。

個人の力量がまざまざと…「テレワークで働く」ということについて

新型コロナウィルスは日本中のビジネスシーンに大きな影響を与えてきています。政府は企業に対してテレワークを奨励し、これに呼応する形で多くの企業で導入が始まっています。そこで、このテレワークが私たちの働き方に何をもたらすのかを考えてみました。

【後編】「転職マーケットの超プロ」に聞く。「人生100年時代」の中で、エンジニアは20代をどう過ごすべきか?

「転職マーケット」のプロである黒田真行氏をお招きし、「人生100年時代の中で、エンジニアは20代をどう過ごすべきか?」についてお話を伺いました。後編はいよいよ核心に迫ります。

【後編】「スペシャリスト」になれなくてよかった。 35歳の元エンジニアが選んだキャリアパスとは?

前編に引き続き、実際に「35歳の岐路」を目の当たりにし、ゼネラリストの道に進むことを決断した、株式会社エスユーエスの元エンジニア・現営業部長として活躍されている圓城さんに、決断の理由を伺いたいと思います。

元・病院事務職員の「データサイエンティスト」になるチャンスを手にする方法

アメリカの求人情報サイトで、最高の職業として1位を獲得した「データサイエンティスト」。数学や統計学、データ分析の知識は勿論のこと、近年ではAIによるビッグデータ分析が盛んに行われていることもあり、機械学習やディープラーニングなどのAIに関するス…

エンジニアの働き方改革「ハイパーフリーランスコース」導入か。 ITスペシャリストに聞く、この働き方ってありですか?

アメリカで急増するフリーランス人口。今後の日本でも同じように増加していくのか。不安定な生活に対する打ち手は無いのか。新しい社員制度を打ち出す背景とは。

強いばかりがリーダーじゃない。今のワタシが救いたいのは、「あの頃の彼女」なんです。

強い者がリーダーと呼ばれた時代は大きく変化した。最近では、周囲の共感を集めるリーダー像を良く目にする。自分に自信を持てなかった彼女が、なぜ今リーダーを目指すのか、その理由を探った。

テクニカルスキルでは第4次産業革命を乗り切れない

中堅エンジニアの多くが、第4次産業革命という社会の大変革を乗り越えるために、テクニカルスキル以上にヒューマンスキルを強く重視している。20代のエンジニアにヒューマンスキルの重要性を伝える。

グローバル成長率は78% AR/VR市場に飛び込むなら今。「VRイノベーションアカデミー京都」誕生!

全世界での伸び率が78%といわれるAR/VR市場。立ち遅れる日本の市場の救世主として、ここ京都にVRイノベーションアカデミー京都は創設されます。立上げメンバーのお二人に話を伺いました。

【前編】「スペシャリスト」になれなくてよかった。 35歳の元エンジニアが選んだキャリアパスとは?

エンジニアには35歳の岐路というものが存在する。現場を離れて管理職などのゼネラリストとして歩むのか、ずっと最先端の技術を追求するスペシャリストとして歩むのかを選択するタイミングのことだ。その選択を迫られ、ゼネラリストの道に進むことを決断した…

エンジニアが働きやすい環境を、エンジニアの僕たちがつくっています!

株式会社エスユーエスには、エンジニアが働きやすい環境をエンジニア自身がつくっていくという仕組みがある。その中核を担うのが、「現場リーダー」と呼ばれるエンジニアたち。まだ5年ほどの歴史だが、確実にエンジニアの働く環境は向上してきている。今回は…

【前編】「転職マーケットの超プロ」に聞く。「人生100年時代」の中で、エンジニアは20代をどう過ごすべきか?

「転職マーケット」のプロである黒田真行氏をお招きし、「人生100年時代の中で、エンジニアは20代をどう過ごすべきか?」についてお話を伺いました。

9割の学生が「社会人になるって不安…」と回答! 実施企業が少ない中、なぜ今内定者研修をやってるんですか?

9割の学生が、社会人になることに不安を持っていることが判明!学生は企業に、少しでも仕事がイメージできる内定者研修などのフォローを求めているようだが、実施企業は少ない。逆に、実施している企業はどういう理由から何をやっているのか、調べてみようと…

能力開発に2億円を投じた理由。受講生の95%が満足する研修とは。

これからのエンジニアに必要となってくるのは、社会人基礎力といわれます。そうした能力開発の現場を取材しました。多額の予算を投下した社員研修とは。

ところで、去年の忘年会って行った?

「望年会スルー」といった言葉が躍った昨年末。本当に若者たちに避けれれている場なのか。積極的に参加する社員の考えに迫った。

中堅エンジニアの3人に1人は、独立・起業・経営者を志す

ほとんどの学生の方が、エンジニアとして生涯に渡って現場の最前線でものづくりをしていくのだろうと考えていますが、経験を積むに従って「スペシャリスト志向」「マネジメント志向」「起業・独立・経営志向」に1:1:1に分かれていていくもの。キャリア…

代表取締役社長・齋藤公男に聞く― AI分野で、あなたも若くしてミリオネア!? AI研究所「SUS Lab」開設の狙いとは?

エスユーエスが2019年12月に開設した「SUS Lab」では、AI分野の活動を通してAI人材の育成や新規事業の創出、スタートアップ支援などを行っていきます。「SUS Lab」が生み出していくイノベーションの方向性や運用目的について、代表取締役社長の齋藤にインタ…