文系(芸術系)からITエンジニアに転身|ゲームエンジニア 榛葉真緒

株式会社エスユーエス
関東第一ソリューション部 エンジニアリング課 
榛葉 真緒(Simba Mao)

2018年入社4年目。ゲーム会社にて、ゲームの開発と作業ツールの開発を行っている。

 

 

1日のスケジュール

07:00  起床

お弁当づくりと朝食をとります。

08:00  資格勉強

通勤中、テレワークのときは始業開始まで資格の勉強をしています。

09:30  出社・テレワーク開始

今日行うタスクの確認をします。/p>

10:00  朝会

チームでその日のスケジュールを確認します。

10:30  ユーザー問い合わせ対応

ゲームはユーザー優先なので、まず朝一でユーザーからの問い合わせ内容を確認します。

11:00  テスターからの不具合報告対応

前日対応しきれなかった分も含め、テスターから上がってきた不具合について対応します。

12:00  昼休み

基本的にはお弁当ですが、たまに周辺でランチしています。社内表彰のときには豪華なお弁当が配られることもあります!

13:00  次期リリースの開発作業

午前で不具合対応を終え、午後からようやく今後のリリースに向けた開発に入っていきます。

15:00  エンジニアミーティング

エンジニア同士で集まり、事前のバグ対策や動作改善などを話し合います。

17:00  テスターからの不具合報告対応

その日のテスターの業務が終わり、バグが起票されるので、可能な限り当日中に対応し、対応しきれなかった分は翌朝に回します。

19:00  退社

遅くまで対応する日もありますが、大体はこのくらいの時間に業務を終了します。

21:00  自己研鑽

就寝前に2時間ほど、個人で開発の成果物作成に取り組んでいます。

 

INTERVIEW

f:id:SUS_OMR:20211126133547j:plain

―大学でプログラム経験は?

いえ、大学のときは芸術系の大学だったので、プログラミングは一切やってきておりませんでした。ただゲームが大好きだったのでゲーム開発の仕事に就くことを夢見て就職活動をしていました。

―不安はなかったですか?

やっぱり不安はすごくありました。ただ会社の人から「大学までの知識というのは半年くらいで挽回できるよ」ということを言われたので、この道に進むことを決めました。でもただ入ってから半年間は相当な努力が必要でした。

 ―どのようにスキルを高めた?

月1回の勉強会には必ず参加していました。そこでいただいた指導に沿って平日は3〜4時間、休日は5〜6時間程度は勉強をしていました。どうしてもゲーム開発者になりたかったのでがんばれました。

 ―入社3年未満でゲーム開発に就いたとか?

はい。当社には自分が成長したいという気持ちがあれば、サポートしていただける先輩方がたくさんいますので、そのおかげだと思います。念願の仕事に就けたので、今では月曜日が来るのが待ち遠しい日々です。

 

(E-30!!!編集部)

 

ページの先頭へ
ページの先頭へ