エンジニア STORY

コロナ禍のプロジェクト終了で、モチベーションが低下。その状況を乗り越え、再びAIプロジェクトに参画するまで

画像処理と機械学習が専門分野のAIエンジニア野澤さん。どんな行動や努力、仕事姿勢が夢の実現を導いたのかを紹介します。

独学で学び始めた「Unity」の経験が、たまたまプロジェクト担当者の目に留まって仕事内容が先端開発へとシフトしていった話。

機械学習を用いた顔認証システムの先行開発で活躍している中山さん。VRとの出合いに始まり、どんな行動や努力、仕事姿勢が夢の実現を導いたのかを紹介します。

「やりたいことがなかった」エンジニアが、VRと運命的な出合いを果たし、国内屈指の最先端現場でプロジェクトをリードする立場になるまで。

国内屈指の最先端VR開発現場で活躍する小林さんにインタビューを実施。VRとの出合いに始まり、どんな行動や努力、仕事姿勢が夢の実現を導いたのかを紹介します。

「未経験でも上流までの開発経験を段階的に積める場を作りたい。」データ整理要員からアプリ開発者になったエンジニアの思いに迫ってみた。

19歳でエスユーエスに入社し、自ら学び、現場で結果を出し続けることで自ら望んだ将来を掴むだけではなく、後輩へも道を開いた藤﨑さん。どんな行動や努力、仕事姿勢が夢の実現を導いたのかを紹介します。

28歳フリーターが目指した“市場価値の高いエンジニア”。7年経った今、その夢は叶ったのか。

フリーターを経て28歳でエスユーエスに入社し、汎用系システム開発の現場でコツコツと身につけた実力をベースに、オープン系へと転身して活躍する高野さんが、どんな行動や努力、仕事姿勢が夢の実現を導いたのかを紹介します。

仕事もプライベートも全力で。目の前の課題にとことん向き合ってスキルを伸ばしたら、ITコンサルタントになれた話。

新卒入社すぐに開発業務に従事し、短期案件を通じてプログラマとして高めてきた実力を就業先に認められて、この4月から上流SEとしてITコンサルティングにも挑む森脇さんが、どんな行動や努力、仕事姿勢が夢の実現を導いたのかを紹介します。

飲食店店長が、夢だったゲームプログラマになるために立てた「3年計画」とは。

入社2年半で憧れのゲームプログラマとなり、現在ソーシャルゲームプラットフォーム大手で人気タイトルの開発に携わる網島さんにインタビューを実施。どんな行動や努力、仕事姿勢が夢の実現を導いたのかを紹介します。

やりたいことを見つけて実現するまでの5年間で感じた「技術を学び続けること」と「周りに頼ること」の大切さ。

エスユーエスで働く中で、自らのやりたいことを発見した六本木さんにインタビュー。新卒で入社してから、先端技術を積極的に取り入れる有名ネット通販企業でECサイトの開発に携わる現在までの約5年間をご紹介します。

その時、憧れの人っていましたか?『リーダーエンジニアの"これまで"と"これから"。』vol.2

様々な岐路に立つエンジニアリーダーをインタビュー。苦悩や目標、憧れの人を紹介してもらい、次号はその方を取材するリレー企画です。

情熱を持ってやり抜く姿勢と営業担当との密な連携。WEB開発を足掛かりにゲーム業界に飛び込み、2年半でついに開発の中核へ手が届いた!

ゲームプログラマの夢を追ってWEB開発エンジニアから転身したエンジニアが、周辺システムからゲームそのものの開発へと2年半でたどり着いた道のりをご紹介します。

「AI開発こそ私の生きていく道!」得意の数学を活かし、3年で得た確信。想像以上の「現在地」に自分でも驚いています。

思いがけず「AIプロジェクト」に就業して苦戦したことをきっかけに、自らAI勉強会を立ち上げて学び続けることで「想像以上に成長できた!」と語る、株式会社エスユーエス西山さんのエンジニアストーリーをご紹介します。

その時、憧れの人っていましたか? 「リーダーエンジニアの“これまで”と“これから”。」Vol.1

エンジニアリーダーにリーダーになった理由や苦悩、これからの目標、そしてその方々が影響受けた憧れのリーダーを紹介してもらい、次号インタビューするリレー企画をスタートしました!

目標は「近所のにいちゃん」です。理想のリーダー像ってなんだろう? 30代のエンジニアが導き出した答えとは

メンバーの性格は百人十色。どのようにすればメンバーが成長するのか、試行錯誤しているリーダーも多いかと思います。そこで、今回はエンジニア歴12年で、これまで数々のチームを率いてきたご経験のある東條さんに、これまでのリーダーとしての失敗経験や、…

【後編】「スペシャリスト」になれなくてよかった。 35歳の元エンジニアが選んだキャリアパスとは?

前編に引き続き、実際に「35歳の岐路」を目の当たりにし、ゼネラリストの道に進むことを決断した、株式会社エスユーエスの元エンジニア・現営業部長として活躍されている圓城さんに、決断の理由を伺いたいと思います。

元・病院事務職員の「データサイエンティスト」になるチャンスを手にする方法

アメリカの求人情報サイトで、最高の職業として1位を獲得した「データサイエンティスト」。数学や統計学、データ分析の知識は勿論のこと、近年ではAIによるビッグデータ分析が盛んに行われていることもあり、機械学習やディープラーニングなどのAIに関するス…

強いばかりがリーダーじゃない。今のワタシが救いたいのは、「あの頃の彼女」なんです。

強い者がリーダーと呼ばれた時代は大きく変化した。最近では、周囲の共感を集めるリーダー像を良く目にする。自分に自信を持てなかった彼女が、なぜ今リーダーを目指すのか、その理由を探った。

【前編】「スペシャリスト」になれなくてよかった。 35歳の元エンジニアが選んだキャリアパスとは?

エンジニアには35歳の岐路というものが存在する。現場を離れて管理職などのゼネラリストとして歩むのか、ずっと最先端の技術を追求するスペシャリストとして歩むのかを選択するタイミングのことだ。その選択を迫られ、ゼネラリストの道に進むことを決断した…

ページの先頭へ
ページの先頭へ