プロジェクト

リーダーならその技術の先にある未来を語れ! 「あのカラフルなリングが意味するものは?」いまさら聞けない「SDGs」

最近よく耳にするSDGsですが、ちゃんと説明することができますか?近年の災害の多さは、地球の気候変動の影響ともいわれています。経済優先の企業活動の在り方そのものが、今全世界で問われています。二律背反ともいえるこうした状況を、果たして最新テクノ…

変化の激しいAI時代。あなたは必要とされる人材ですか?

現在、第三次AIブームが到来しています。ディープラーニングの登場による技術の進化は凄まじく、私たちの日常にも多く活用されるようになってきました。AIの発展は、私たちの暮らしや仕事に大きな進化をもたらすでしょう。そんな未来を実現していくために、…

【後編】「スペシャリスト」になれなくてよかった。 35歳の元エンジニアが選んだキャリアパスとは?

前編に引き続き、実際に「35歳の岐路」を目の当たりにし、ゼネラリストの道に進むことを決断した、株式会社エスユーエスの元エンジニア・現営業部長として活躍されている圓城さんに、決断の理由を伺いたいと思います。

元・病院事務職員の「データサイエンティスト」になるチャンスを手にする方法

アメリカの求人情報サイトで、最高の職業として1位を獲得した「データサイエンティスト」。数学や統計学、データ分析の知識は勿論のこと、近年ではAIによるビッグデータ分析が盛んに行われていることもあり、機械学習やディープラーニングなどのAIに関するス…

グローバル成長率は78% AR/VR市場に飛び込むなら今。「VRイノベーションアカデミー京都」誕生!

全世界での伸び率が78%といわれるAR/VR市場。立ち遅れる日本の市場の救世主として、ここ京都にVRイノベーションアカデミー京都は創設されます。立上げメンバーのお二人に話を伺いました。

【前編】「スペシャリスト」になれなくてよかった。 35歳の元エンジニアが選んだキャリアパスとは?

エンジニアには35歳の岐路というものが存在する。現場を離れて管理職などのゼネラリストとして歩むのか、ずっと最先端の技術を追求するスペシャリストとして歩むのかを選択するタイミングのことだ。その選択を迫られ、ゼネラリストの道に進むことを決断した…

代表取締役社長・齋藤公男に聞く― AI分野で、あなたも若くしてミリオネア!? AI研究所「SUS Lab」開設の狙いとは?

エスユーエスが2019年12月に開設した「SUS Lab」では、AI分野の活動を通してAI人材の育成や新規事業の創出、スタートアップ支援などを行っていきます。「SUS Lab」が生み出していくイノベーションの方向性や運用目的について、代表取締役社長の齋藤にインタ…