【#求人情報】VRディレクターって何するの?コンテンツを一緒につくりあげたい人、来てください!

当メディアE-30!!!の運営会社㈱エスユーエスは、IT企業などが手掛る開発プロジェクトの技術パートナーとして、京阪神・首都圏・名古屋などに拠点を構え、技術アウトソーシング事業をメインとして成長しています。

コロナ禍の1年前から先行投資を始めているAR/VR領域の規模拡大により、この事業を牽引してくれるVRディレクターを新しく募集することになりました。

本記事では、「VRディレクターとはどんな仕事をするのか?」「どんな人が向いているのか?向いていないのか」などなど、詳しいところを事業リーダーの営業課長・吉田さんとVRディレクター田中さんに聞いてきました!

 

■登場人物

f:id:SUS_OMR:20210514184323j:plain

吉田 周平(Yoshida  Shuhei)
2014年総合職入社。神戸の営業職として、新規取引先の開拓やエンジニアのアサインやフォローを行う。成績が認められ、2018年に東京へ異動。2020年には、大宮のマネージャーに就任。現在は、マネジメントをはじめ、AR/VRといった新規事業の責任者としても活躍している。

f:id:SUS_OMR:20210514185055j:plain

田中 実(Tanaka Minoru)
2004年エンジニア職入社。運用保守や開発に従事した後、社内ゲーム事業のチームリーダーに抜擢され、企画やディレクションを行う。2018年より、エスユーエスが持つAI搭載システム「SUZAKU」の開発など新規事業関連業務に携わり始め、現在はVRディレクターとして活躍している。

 
 
 

VR事業でまず始めたのは「360°動画」と「VRツアー」の制作

エスユーエスではこれまで、どのようなVRコンテンツを制作してきたのでしょうか?
主に小中学校・高校・専門学校や大学といった学校向けに360°動画やVRツアーというコンテンツを制作してきました。360°動画というのは、流れるムービーを見ながら前後左右、自分の周りを見渡すことができる動画のことです。コロナ禍でできないオープンキャンパスや文化祭・卒業発表会などの実施に最適です。VRツアーというのは、矢印に目線を落として自分が行きたい空間に進み、前後左右のすきな方向を見ることができるコンテンツです。こちらは、主に学校案内(キャンパスツアー)などで利用していただいています。
VRディレクターは、営業が学校様から「360°動画やVRツアーをやりたい」という話をいただいてきたら、学校様の要望に合わせて構成や見せ方、デザインなどを考え、企画書を作成していきます。企画が固まったらメンバーを収集してチームを編成、スケジュール管理、メンバーへの指示出し、クライアントとのやりとりなどを行いながら納品まで行うのが仕事です。

f:id:SUS_OMR:20210525103854j:plain

そういうお仕事を田中さんが担当されていると。
はい。でも、実は私自身“VRディレクター”は初めての経験でした。ITエンジニアとして入社後、ゲーム開発やIT請負でPM(プロジェクトマネージャー)をやっていて、少し前までエスユーエスが持つ「SUZAKU」というAI搭載の適性診断ツールの開発をしていました。

f:id:SUS_OMR:20210517111920j:plain

そこから引き抜かれたんですよね(笑) まずは、学校様向けにVRコンテンツを販売していこうという話になったときに、“ディレクター”がいないとなりまして…「これは実さんしかないな」とお願いしたんです!
VRの知識もディレクターの経験もなかったので不安でしたが、「お役に立てるなら」とお受けしました。

事業も立ち上がったばかり、ご自身も知識がないという中でのスタートはかなり大変そうですね…。
立ち上がった当初、メンバーの中にVRの映像制作の経験者がいて、見せ方やデザインをまるっと任せたことがあったんですね。ただ、完成した映像を社内でレビューしたときに「このまま先方に出すのは難しいのではないか」ということになりまして…。私もそのメンバーも学校様向けのコンテンツを作ったことがなかったんです。どういう内容や見せ方が刺さるのかいまいち理解できてなかったんですね。それからは例えば部活紹介1つにしても、「茶道部のどこを見せると魅力的に見えるのか」を茶道をやっていた知人に聞いて絵コンテを作ってから制作するなど、いろいろと改善を重ね、結果としては学校様に喜んでいただけるものに仕上げることができました。相手のことを知る、理解する、ディレクターの基本だと感じましたね。

f:id:SUS_OMR:20210519141014j:plain

  
  

今後は、お客様それぞれの課題に沿ったVRコンテンツそのものを作り出していきたい

今回募集している方には、学校様向けのVRコンテンツのディレクションをお願いすることになるのでしょうか?
はじめは360°動画やVRツアーのディレクションをお願いすることになると思います。制作フレームも出来上がったので、まずはこれらを通して“VRディレクター”としての経験を積んでいただければと思います。いずれは、企業様向けにさらに踏み込んだ領域をお任せしていきたいと考えています。
どのようなことをするのでしょうか?
例えば今でいうと、メーカー様向けに、商品やサービスの操作マニュアルをARグラス上に表示させるコンテンツや、若手社員の教育トレーニングができるVRコンテンツの制作をおこなっています。
これまでとの違いはどこでしょうか?
携わっていただく領域ですかね。例えば、営業がメーカー様で「若手社員にもっと早く成長してほしい」という話を聞いたとします。営業はその内容をVRディレクターへ連携して、実際の現場でおこなわれている作業の把握や普段のトレーニングメニューの理解、若手社員とベテラン社員のどこに作業にかかる工数やできる内容の違いがあるのかなどまで分析をしていきます。それをもとに、使用するデバイスの選定からコンテンツの内容を決めて企画書を作成。お客様への提案が通ったら、チームを編成して、スケジュール管理、メンバーへの指示出し、クライアントとのやりとりなどを行いながら、納品まで行っていただくというイメージです。

f:id:SUS_OMR:20210525103931j:plain

なるほど。制作するコンテンツも決まっているわけではないんですね。
そうです!
ARグラスやVRゴーグルなどもいろいろな種類があって特性も違うので、それぞれの特徴、強みや弱みを理解して、それを弊社が持っている技術と掛け合わせて、どういうコンテンツを作れるのか、どういうモノならお客様の課題を解決できるのかを考えて、0ベースから実際のカタチにまでしていっていただくので、正直結構大変ではあります。反面、まだまだ発展途上の領域で誰もやったことがないからこそ、自分が先陣切ってサービスをつくっていける、事業にしていける楽しさは計り知れないですよ。
今後はどういった企業様へ提案を検討されているのでしょうか?
エスユーエスはこれまで、技術者派遣事業をメインにあらゆるメーカー様とお付き合いをさせていただいてきました。DX化、業務効率化を進めたい企業様も多くいらっしゃるので、もっとそういった声にこたえていきたいと思っています。
 
 

 

向いているのは、
自らのアイデアがいろいろな人のためになる仕事をしたい人

これからかなり広い分野で関わっていけそうですね。そういった背景の中、今回新しく“VRディレクター”を募集されている理由は何でしょうか?
人手不足ですね!笑
学校様からの要望も増えているし、企業様向けのコンテンツ制作も拡大しようという中で、どうしても人が足りないというのが本音です。
やはりVRディレクターの経験者を求めているのでしょうか?
もちろん、経験者は嬉しいですが、無くても大丈夫です!僕も“VRディレクター”は未経験で、映像や本を見て学んだり、周りと相談しながらいろいろ試行錯誤して、何とかできましたから。
では技術的なスキルは何を求めるのでしょうか?
無くてもよいですが、特にVRツアーの制作に限ってはHTMLとかJAVAとか、WEBアプリの開発知識があるとプラスになると思います!
技術以外に求めることはありますか?

f:id:SUS_OMR:20210514193044j:plain


美術スキルある人(笑)! 美的センスっていうんですかね?イメージの世界なので、それをいかに具現化できるかは結構大事だと思います。美大出身とかデザイナー出身とかじゃなくてももちろん大丈夫なんですが、抵抗がない人がいいですかね。あと、新規ビジネスになるわけなので、向上心持って一緒に戦ってくれる人、そういう状況を楽しんでくれる人はウェルカムです!
では、VRディレクターに向かない人とはどういう人だと思いますか?
今の話とは逆で、「WEB開発めっちゃやりたい!」みたいな人は向かないと思います。技術を学ぶ気持ちはすごく大切なんですが、「技術的なところだけやりたい」とか、「技術力だけを伸ばしたい!」というよりも、お客様のためになりたいという気持ちを持っていることの方が、ディレクターには必要です。
そうですね。あと、やっぱり受け身なのは厳しいかな。自分で開拓していこうという気持ちを持っている人、意見もどんどん発信していこうという気持ちがある人ではないと厳しいと思います。
 
 

 

今、エスユーエスでVRディレクターになることのメリットは
“経験がなくてもVR業界に飛び込めること”

今、VRディレクターを目指すことにどのようなメリットがあるのでしょうか?
今回のコロナ禍で、VRの認知は確かにあがりましたけど、まだ一般には広がり切ったわけではないと思うんです。まだまだ開拓されていく領域といいますか。確か、テクノロジー専門調査会社IDCの最新レポートによれば、AR/VRのグローバル市場は、2020年から24年まで年率54%で成長すると、昨日読んだ記事に書いてましたし(笑)。そんな中で、VR関連の職種で未経験を募集しているのは珍しい。このスキルを伸ばそうと思っているなら、チャンスだと思います。
確かに。さらにいうなら、自分のアイデアでコンテンツを0から作り出せる、事業を拡大できるという経験ってなかなかできないと思うんです。そんな中に身をおけるって素敵じゃないですか(笑)?

f:id:SUS_OMR:20210517112348j:plain


では、最後にご応募いただくみなさまへメッセージをお願いいたします。
一緒に働けること楽しみにしております!ぜひご応募ください!
お待ちしています!!笑
 
 
(E-30!!!編集部 猪熊)  
 

【会社概要】
社名   :株式会社エスユーエス
設立   :1999年9月
代表取締役:齋藤公男
資本金  :4億3,043万円(2020年9月30日)
売上高  :89億6,700万円(2020年度)/81億1,700万円(2019年度)/71億60万円(2018年度)/60億円(2017年度)/55億円(2016年度)
従業員数 :1,735名(2021年4月1日現在)
事業所  :<本社>京都 <オフィス>東京/大宮/横浜/名古屋/大阪/神戸/岡山
      ※各事業所内に研修室・教室・相談コーナー完備/各種研修・勉強会・キャリア相談実施/自社開発・受託開発メンバー増強中
事業内容 :最先端IT分野/自動車・航空機・家電・医療機器・エネルギー関連機器等の設計開発や組込システム等
      *「優良派遣事業者」認定企業*
取引先  :ソフトバンク/KDDI/GREE/楽天/DeNA/LINE/三菱重工業/日立製作所/パナソニック/ブリヂストン/三菱自動車/日産自動車
      本田技研工業/SUBARU/いすゞ自動車/三菱電機/ダイハツ工業/川崎重工業/ダイキン工業他
      他大手企業400社

 

 
ページの先頭へ
ページの先頭へ