2020-02-28から1日間の記事一覧

グローバル成長率は78% AR/VR市場に飛び込むなら今。「VRイノベーションアカデミー京都」誕生!

全世界での伸び率が78%といわれるAR/VR市場。立ち遅れる日本の市場の救世主として、ここ京都にVRイノベーションアカデミー京都は創設されます。立上げメンバーのお二人に話を伺いました。

【前編】「スペシャリスト」になれなくてよかった。 35歳の元エンジニアが選んだキャリアパスとは?

エンジニアには35歳の岐路というものが存在する。現場を離れて管理職などのゼネラリストとして歩むのか、ずっと最先端の技術を追求するスペシャリストとして歩むのかを選択するタイミングのことだ。その選択を迫られ、ゼネラリストの道に進むことを決断した…

エンジニアが働きやすい環境を、エンジニアの僕たちがつくっています!

株式会社エスユーエスには、エンジニアが働きやすい環境をエンジニア自身がつくっていくという仕組みがある。その中核を担うのが、「現場リーダー」と呼ばれるエンジニアたち。まだ5年ほどの歴史だが、確実にエンジニアの働く環境は向上してきている。今回は…

【前編】「転職マーケットの超プロ」に聞く。「人生100年時代」の中で、エンジニアは20代をどう過ごすべきか?

「転職マーケット」のプロである黒田真行氏をお招きし、「人生100年時代の中で、エンジニアは20代をどう過ごすべきか?」についてお話を伺いました。

9割の学生が「社会人になるって不安…」と回答! 実施企業が少ない中、なぜ今内定者研修をやってるんですか?

9割の学生が、社会人になることに不安を持っていることが判明!学生は企業に、少しでも仕事がイメージできる内定者研修などのフォローを求めているようだが、実施企業は少ない。逆に、実施している企業はどういう理由から何をやっているのか、調べてみようと…

能力開発に2億円を投じた理由。受講生の95%が満足する研修とは。

これからのエンジニアに必要となってくるのは、社会人基礎力といわれます。そうした能力開発の現場を取材しました。多額の予算を投下した社員研修とは。

ところで、去年の忘年会って行った?

「望年会スルー」といった言葉が躍った昨年末。本当に若者たちに避けれれている場なのか。積極的に参加する社員の考えに迫った。

中堅エンジニアの3人に1人は、独立・起業・経営者を志す

ほとんどの学生の方が、エンジニアとして生涯に渡って現場の最前線でものづくりをしていくのだろうと考えていますが、経験を積むに従って「スペシャリスト志向」「マネジメント志向」「起業・独立・経営志向」に1:1:1に分かれていていくもの。キャリア…

代表取締役社長・齋藤公男に聞く― AI分野で、あなたも若くしてミリオネア!? AI研究所「SUS Lab」開設の狙いとは?

エスユーエスが2019年12月に開設した「SUS Lab」では、AI分野の活動を通してAI人材の育成や新規事業の創出、スタートアップ支援などを行っていきます。「SUS Lab」が生み出していくイノベーションの方向性や運用目的について、代表取締役社長の齋藤にインタ…